結婚式の資金繰りについて考えてみる♪

「今、ほとんど貯金がないんだけど結婚式できるのかな~?」
と考えているあなたに、結婚式の予算の計算方法を教えちゃいます。

結婚式の資金繰りについて考えてみる♪

「結婚式の見積りを見たけど、こんなに貯金無いし、難しいかな~」

と思っている人いませんか?

 

結婚式は、必ずしもお二人の今あるお金だけで挙げる必要はありません。

 やり方次第で、お二人の負担がほとんどなくても挙式することは可能です。

 

結婚式の予算を考える際に、下記の式を参考にしてみて下さい。

 

 

結婚式の資金繰りについて考えてみる♪

結婚式の予算を考える際の“はじめの一歩”に、二人の貯金額をお互い確認しましょう。

 

ここで、すでに見積り以上の金額があれば大きな問題はありません。

どのくらいの予算でするのかの目安を決めておきましょう。

 

 

二人の預貯金を確認後、挙式まで二人で「結婚式貯金」を始めるカップルも多いかもしれません。

“毎月○○万円ずつ”と金額を決めて、計画的に貯金しましょう。

結婚式の資金繰りについて考えてみる♪

結婚するカップルの半分以上が両親からの援助を受けています。

 

でも、「援助してもらってあたりまえ」という考えではいけません。

 

「結婚式のことで相談があるんだけど・・」とお二人の方から相談してみましょう。

両家のバランスなどもあるので、その点も事前にお二人で相談しておきましょう。

 

また、「お金を出すからには口も出す」と言われる可能性もあります。

援助してもらうからには両親の意見も取り入れる気遣いは必要です。

結婚式の資金繰りについて考えてみる♪

ゲストから頂く「ご祝儀」も大きな金額になります。

まずは、誰をゲストに呼ぶかリストアップしてみましょう。

 

ご祝儀の相場は形式等で多少異なりますが、おおよそ下記の相場です。

 

・友人 2~3万

・上司 3~5万

・親族 5万~10万(夫婦で)

 

まだ招待客が決定してない場合は「1人あたり2~3万×おおよその人数」で計算してみましょう。

結婚式の資金繰りについて考えてみる♪

お二人の結婚に必要な費用は結婚式の費用だけではありません。

 

・新しい生活に必要となる家具や家電等の購入資金

・新しい住居への引越し資金

・新婚旅行資金

 

などが必要となりますので、そのことも念頭において予算を決定しましょう。

 

 

 

結婚式には様々な費用が必要となります。

予算通りにいかない場合もあります。 

 

挙式直前で慌てたりしないよう、お二人や家族でよく話し合い、

余裕をもった予算を設定しましょう。

ふるさと森林公園の『森の結婚式』はこんなにおトクですよ♪